FC2ブログ

山吹色のお菓子

テレビ
03 /13 2009
 時代劇で出てくる、山吹色のお菓子。
 
 誰が最初に考えたのかは分かりませんが
そのネーミングセンスとともに、素晴らしい
表現だと思います。
 

 「越後屋、お主もそうとうの悪よのう。」
「いえいえ、お代官様にはかないません。」
 やりとりも含め、悪代官好きにはたまりません。
 
 
 その山吹色のお菓子ですが、様々な表現が
あり、好みの度合いも変わります。
 
 オーソドックスなのは、菓子箱の中にあると
いうもの。
 最初は箱のフタが閉じてあり、越後屋がフタを
開けるという表現があるのが好み。
 
 逆に、お金として渡すのは、あまり好みでは
ありません。 お菓子じゃないから。
 
 
 今まで見た中で、一番好きなのは、モナカの
菓子箱のタイプ。
 普通のモナカに見えるのですが、食べてみると
歯に何かが当たります。
 
 何かと思ってみてみると、小判だったという。
 
 
 見ていて感心しました。
隠し方といい、山吹色のお菓子という言葉とも
合っているし、とても美味しそうなお菓子ですし。
 
 ワシはこれが、大好物じゃー。
 
 
 
 web拍手ありがとうございます^^
元気回復、ウキウキですよ。
 これからも山吹色のお菓子を求めつつ頑張ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

よいち